日本一睡眠をむさぼる胎児です

深い眠り・一品作 販売中
86,400円
高27cm  横19cm  奥13cm
◆睡眠と食欲は人生にとって最重要課題です。私は頭頂の百会ツボに意識を集中し眠りを誘い出します。

陶芸オブジェ一品作・深い眠り 陶芸オブジェ一品作・深い眠り

胎児の姿をイメージして作りました。
彼女は他の一品作たちと一緒に宇宙船で地球を後にする予定でしたが、出発時間に起きることができず、仲間に置いて行かれました。ひたすら寝ている彼女は次を狙っているようですが、どうでしょう大丈夫でしょうか?

陶芸オブジェ一品作・深い眠り 陶芸オブジェ一品作・深い眠り

作り方は、ある程度の形ができて外側の粘土が堅くなったら、高さが半分の所で上下に切り分け、中の粘土を掻き出します。
粘土の厚みが1cmほどになるまで描き出したら、上下のパーツをくっつけます。
掻き出しによる製作法は「深い眠り」だけです。

陶芸オブジェ一品作・深い眠り 陶芸オブジェ一品作・深い眠り

一品作ご注文フォーム

次は オブジェ 無音 です。

映画 2001年宇宙の旅   スタンリー・キューブリック   1968

40数年前の危うい記憶では、その映画は猿が骨を空に向かって放り投げるショッキングなシーンから始まった。すると白い骨は宇宙を進む真っ白な船となり、回転するステーションの中心にドッキングする。
この意味を納得しないまま、次々と不可思議なシーンが続き、最後は胎児が宇宙の闇の中にぼんやりと浮かんでいる。
映画が終わって明かりが点いた時、前の座席の女性が友人に「なんかさっぱり分からんやったね」と言ってましたが、私も同感でした。でも、その魅力には引き込まれました。スタンリー・キューブリックの才能でしょう。原作者のアーサー・C・クラークは出来上がりを気に入って無かったようです。
これから数年して「2010年宇宙の旅」の映画が来たので、期待して見に行きましたが、それは全くの期待はずれでした。手法の全く違う平凡な映画でした。監督は別人で原作者のアーサー・C・クラーは気にいっていたという情報があります。
私がさらに驚いたのは、ある女性工芸家のもたらした情報でした。
なんとアーサー・C・クラークは2010年の後、2061年、3001年の宇宙の旅を書いていると言うことです。
法外な想像力には驚くばかりです。
5年ほど前、テレビの深夜番組で2001年が再放送されたので、ビデオに撮って少しばかり見ましたが直ぐに止めました。
スターウォーズの映像美には完敗でしたから。

ご注文フォーム

次は オブジェ 無音 です。