日本で一番動作がスローな女神です

ヤマ・テラノ・紐作り一品作
高さ41cm 横26cm 奥17cm
非売です
◆この方はスペースシップに乗り遅れました。
何事にも動じないマイペースな女神です。風の勢いで体の表面がよじれています。

陶芸オブジェ・ヤマ・テラノ

茫洋とした女神(広々として目当てのつかないさま)

陶芸オブジェ・ヤマ・テラノ 陶芸オブジェ・ヤマ・テラノ

上半身は雲より上で、歩きながら小さな山をポコポコ産み落として行きます。

陶芸オブジェ・ヤマ・テラノ 陶芸オブジェ・ヤマ・テラノ 陶芸オブジェ・ヤマ・テラノ

動きが鈍い彼女は出発にまにあわなくて、宇宙船に乗り遅れてしまいました。
結果、まだ地球にいます。これからも永遠に。

なぜ?ヤマ・テラノ

◆最初はこの作品の題名は「天孫降臨」(てんそんこうりん)を思っていました。
天:天照大神(あまてらすおおみかみ)の天です。天の岩戸に隠れたら、国中が真っ暗になったと言う神様です。
孫:天照大神の孫(まご)のことです。
降臨:神仏などがあまくだること。
つまり、天照大神の孫が天上から地上に降りてきたと言うのが、天孫降臨と言う言葉です。
◆ウイキペディアによると
天孫降臨(てんそんこうりん)とは、日本神話において、天孫の邇邇藝命(ににぎのみこと)が、天照大神(あまてらすおおみかみ)の命を受けて葦原の中つ国を治めるために高天原から日向国の高千穂峰へ天降(あまくだ)ったこと。
邇邇藝命(ににぎのみこと)は天照大神から授かった三種の神器をたずさえ、天児屋命(あまのこやねのみこと)などの神々を連れて、高天原から地上へと向かう。途中、猿田毘古神(さるたひこのかみ)が案内をし、邇邇藝命(ににぎのみこと)は筑紫の日向(ひむか)の高千穂に降り立ったという、『記紀』に記された日本神話である。
◆作品完成後に気付きました、天孫は男だ、と。
すでに、胸の膨らみは加えられています。題名を変更するしか無い。私の脳に次の歌が奇妙に無理矢理に浮かびました。「山寺の和尚さんが毬(まり)はけりたし 毬はなし猫をかん袋に・・・」っで、ヤマ・テラノにしました。

次は オブジェ 深い眠り です。