財運と豊作の神「大黒様」とその由来です。

大黒様 7,560円
高14cm 横15cm 奥12cm
財運と豊作の神様
あなたに豊かな表情と才知を与えます。

陶器の縁起物人形「大黒様」

打ち出の小槌によって、財運と衣食住の幸せがもたらされます。
日常生活でよく使われる「大黒柱」とは、家のなかで中心となる柱のことで、そこから転じて、家族を支えて中心となる人のことを指します。

陶器の縁起物人形「大黒様」 陶器の縁起物人形「大黒様」

社長の退職祝いに 福岡市・千恵子 様より

ご注文用カートのあるページへ

次は 恵比寿と由来 です。

大黒様の由来

仏教の仏

大黒様は、仏教の仏の一人で、ヒンドゥー教のシヴァの別名であるマハーカーラを元にしています。マハーカーラは「大黒」を意味します。元々は、戦闘の神様でした。

七福神

日本においては、七福神の一人の大黒様として知られています。
当初の大黒天は、破壊と豊穣の神として信仰され、後に豊穣の面が残り、食物をつかさどる神となりました。
大黒の「だいこく」が大国に通じるため、古くから神道の神である大国主(おおくにぬし)と混同され、習合して信仰されています。

微笑の長者形

七福神に含まれるため日本ではなじみの深い神・仏であります。
一般には米俵に乗り福袋と打出の小槌を持った微笑の長者形で表されます。
袋を背負っているのは、大国主が日本神話で最初に登場する因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)の説話において、八十神たちの荷物を入れた袋を持っていたためです。

鼠が大黒天の使い

また、大国主がスサノオの計略によって焼き殺されそうになった時に鼠が助けたという説話(大国主の神話・根の国訪問を参照)から、鼠が大黒天の使いであるとされます。

ご注文用カートのあるページへ

次は 恵比寿と由来 です。