商売繁盛の神「恵比寿様」とその由来です。

恵比寿様 7,560円
高16cm 横13cm 奥11cm
商売繁盛の神様

陶器の縁起物人形「恵比寿様」

元来は海の守り神として、船の安全と豊漁を与えてましたが、偉大な福徳は商業にも広がり、商売繁盛の神となりました。

陶器の縁起物人形「恵比寿様」 陶器の縁起物人形「恵比寿様」

ご注文フォーム 価格は税込みです。

次は 笑う門には です。

恵比寿様の由来

えびすは日本の神で、外来の者を意味する「夷、戎、蛭子、恵比須、恵比寿、恵美須(いずれも「えびす」と読む)」などとも書きます。えびっさん、えべっさん、おべっさんなどとも言います。

現在では一般に七福神の一員としての福の神であるとイメージされますが、それは中世以降の信仰で、由来をたどると非常に複雑な経緯を持ちます。

実は、えびすを称する神は複数あって、イザナギ、イザナミの子である蛭子命(ひるこのみこと)か、もしくは大国主命(大黒さん)の子である事代主神(ことしろぬしかみ)とされることが多いようです。

そのため、同じえびすを祀る神社でも、場所によって神は異なっています。また、少数ですが、えびすを少彦名神(すくなびこな )や彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと )とすることもあります。

元々の神格

様々な記紀神話の神に当てられるえびす神ですが、いずれの神も後世のこじつけで、元来の姿ではありません。
えびす神の漢字に戎や夷などが当てられている事 は、中央政府が地方の服従しない民や東国の者を「えみし」や「えびす」と呼んで、戎や夷の字を当てたのと同じことで、いずれも異邦の者を意味しています。

そこからもわかる通り、もともとは異邦より村に時たま訪れる外来の神であり、海の向こうからやってくる水の神であります。
漁村では近年までイルカやクジラなどをえびすとよんだり、水死体のことをえびすとよんだりする地域もあり、漁のときに水死体を拾うと大漁になるという信仰もあります。

漁業に使う網の浮きに神が宿り正月などに祀る地域がありますが、四国の宇和島周辺や隠岐などでは、その浮きのことを「えびすあば」(あばとは浮きのこと)と呼んでいて、えびすが海神であることが示す好例であります。

九州南部には、漁期の初めに海中からえびすの御神体とするための石を拾ってくるという風習があると言います。
これらの民俗信仰は、えびすの本来の性格を比較的とどめているものと考えられます。

他の神との習合

習合( 異なる二つ以上の教義などを折衷すること。 )他の神と合体してしまう事。
恵比寿が蛭子命(ひるこのみこと)や事代主(ことしろぬしかみ)に結び付けられたのは、両神とも水に関連していたためです。

記紀神話に おいて、蛭子命は3歳になっても足が立たなかったため流し捨てられたとされます。その神話を受けて、流された蛭子命はどこかの地に漂着したという信仰が生ま れ、その海からやってくる姿が海の神である恵比寿の姿と一致したため、二つの神は同じ神だとされるようになりました。

その漂着した地の伝承は各地にありますが、そ の代表が兵庫県西宮市の浜で、そこには蛭子命(ひるこのみこと)系の恵比寿神社の総本社である西宮神社があります。
また、恵比寿のことを夷三郎(えびすさぶろう)と呼ぶ事があるのは、日本書紀において、三番目に生まれたことによると言います。

一方、事代主神(ことしろぬしかみ)は託宣(神がお告げをすること)の神といわれ、記紀神話においても直接に水との関連はありません。
でも、記紀神話の中の国譲りの項で、天津神か らの国譲りの要請を受諾するかどうかを大国主神の使者が事代主(ことしろぬし)に聞きに行ったとき、事代主は釣りをしていたとされ、その海で釣りをする姿とえびすの海の神 であることが結びつき、同一の神とされるようになったといわれます。

七福神の絵図でえびすが釣竿を持っていたり、それで鯛を釣っていたりする事があるのは、 この事代主神(ことしろぬしかみ)の話にもとづくものであります。
また、恵比寿と大黒は親子とも言われるのも、事代主の父親である大国主命(おおくにぬしのみこと)が大黒天と習合した事によります。

市神、福神としての恵比寿

市神(いちがみ):市場の守護をする神。祭神は市杵島姫命(いちきしまのひめのみこと)が多く、事代主命(ことしろぬし)・大国主命・恵比須・大黒などもまつられます。
神体は円形・卵形などの自然石で、神社の境内などにありますが、本来は市の開かれる場所の路傍にまつられていたものと思われます。

平安時代の後期には、恵比寿を市場の神(市神)として祀ったという記録が有り、鎌倉時代にも、鶴岡八幡宮内に市神として、えびすを祀ったと言います。
このため、中世に商業が発展してくるにつれ、商売繁盛の神としての性格も現れます。
それは同時に福神としても信仰されるようになり、やがて七福神の一員として数えられるようになります。

ご注文フォーム 価格は税込みです。

次は 笑う門には です。