煩悩を焼きつくしている姿「不動明王」とその由来です。

このページの内容
・不動明王 ・若き不動明王 ・不動明王の由来

不動明王 19,440円
高18cm 横14cm 奥9cm
◆煩悩を抱える最も救い難い衆生をも力ずくで救うために、忿怒の姿をしています。

陶器の仏像「不動明王」です。 陶器の仏像「不動明王」です。

右手に降魔の三鈷剣(さんこけん、魔を退散させると同時に人々の煩悩や因縁を断ち切る)、
左手に羂索(けんじゃく。悪を縛り上げ、また煩悩から抜け出せない人々を縛り吊り上げてでも救い出すための投げ縄のようなもの)を握りしめています。

陶器の仏像「不動明王」です。

右眼を見開き左眼は細め、右の牙を上方左の牙を下方に向けて出しています。
背に火炎を背負っています。

陶器の仏像「不動明王」です。 陶器の仏像「不動明王」です。

剣は竜(倶利伽羅竜・くりからりゅう)が巻き付いている場合もあるということで、裏面に竜を彫ってみました。赤は竜の火炎、渦巻きは風を表します。

若き不動明王

若き不動明王 10,800円
高19cm 横9cm 奥8cm

陶器の仏像「若き不動明王」です。 陶器の仏像「若き不動明王」です。

若き不動明王はまだ未熟なので、背に背負うべき炎は頭上で小さく燃えています。

陶器の仏像「若き不動明王」です。 陶器の仏像「若き不動明王」です。 陶器の仏像「若き不動明王」です。

ご注文フォーム 価格は税込みです。

次は スーパードラゴン です。

不動明王の由来

不動明王とは

梵名(サンスクリット)アチャラ・ナータ
不動明王 (ふどうみょうおう)は、仏教の信仰対象であり、
密教特有の尊格(仏様の性格)である明王の一尊。また、五大明王の中心となる明王でもある。
真言宗をはじめ、天台宗、禅宗、日蓮宗等の日本仏教の諸派で幅広く信仰されています。
梵名・サンスクリット・・・古代から中世にかけて、インド亜大陸や東南アジアにおいて用いられていた言語。)

密教の根本尊である大日如来の化身、あるいはその内証(内心の決意)を表現したものであると見なされています。「お不動さん」の名で親しまれ、大日大聖不動明王(だいにちだいしょうふどうみょうおう)、無動明王、無動尊、不動尊などとも呼ばれます。

不動明王の起源

不動明王の起源は、ヒンドゥー教の最高神シヴァ神にあるとの説が有力です。
梵名の「アチャラ」は「動かない」、「ナータ」は「守護者」を意味し、全体としては「揺るぎなき守護者」の意味です。
空海(弘法大師)が唐より密教を伝えた際に日本に不動明王の図像が持ち込まれたと言われます。

不動明王は三輪身の一つの教令輪身です

密教では三輪身といって、「ほとけ」が「自性輪身」(じしょうりんじん)、「正法輪身」(しょうぼうりんじん)、「教令輪身」(きょうりょうりんじん)という性格の中から一つの姿で現れるとされます。
自性輪身(如来)は、宇宙の真理、悟りの境地そのものを体現した姿を指します。
正法輪身(菩薩)は、宇宙の真理、悟りの境地をそのまま平易に説く姿を指します。
教令輪身は、仏法に従わない者を恐ろしげな姿で脅し教え諭し、仏法に敵対する事を力ずくで止めさせ、外道に進もうとする者はしょっ引いて内道に戻すなど、極めて積極的な介入を行う姿です。
不動明王は大日如来の教令輪身とされる。煩悩を抱える最も救い難い衆生をも力ずくで救うために、忿怒の姿をしています。

不動明王は釈迦の姿とも言われています。

密教経典によれば、不動明王とは釈迦が悟りを開いた菩提樹下の坐禅中に煩悩を焼きつくしている姿だとしています。釈迦が成道の修行の末、悟りを開くために「我、悟りを開くまではこの場を立たず」と決心して菩提樹の下に座した時、
世界中の魔王が釈迦を挫折させようと押し寄せ、釈迦に問答を挑んだり、千人の少女に誘惑させたりしたところ、釈迦は穏やかな表情のまま降魔の印を静かに結び、魔王群をたちまちに説破し、超力で降伏したと伝えられますが、不動明王はその際の釈迦の内証を表現した姿であるとも伝えられます。
穏やかで慈しみ溢れる釈迦も、心の中は護法の決意を秘めた鬼の覚悟であったというものです。
他にも忿怒の相は、我が子を見つめる父親としての慈しみ=外面は厳しくても内心で慈しむ父愛の姿を表現したものとも言われます。

不動明王の姿

不動明王は一面二臂で剣と羂索(けんじゃく、縄)を持つのを基本です。
剣は竜(倶利伽羅竜・くりからりゅう)が巻き付いている場合もあり、この事から「倶利伽羅剣」と呼ばれている。
一面二臂(いちめんにひ)顔が1つと腕が2本の姿

右手に降魔の三鈷剣(さんこけん、三又になった剣。魔を退散させると同時に人々の煩悩や因縁を断ち切る)、左手に羂索(けんじゃく。悪を縛り上げ、また煩悩から抜け出せない人々を縛り吊り上げてでも救い出すための投げ縄のようなもの)を握りしめ、背に迦楼羅焔(かるらえん。迦楼羅の形をした炎)を背負い、憤怒の相で座して「一切の人々を救うまではここを動かじ」と決意する姿が一般的である(日本では坐像の他、立像も数多く存在している)。

天地眼(右眼を見開き左眼を眇める(すがめる、目を細める)、あるいは右眼で天、左眼で地を睨む)、
牙上下出(右の牙を上方、左の牙を下方に向けて出す)という、左右非対称の姿の像が増えるようになりました。

ご注文フォーム 価格は税込みです。

次は スーパードラゴン です。