日本で一番 清楚な招き猫とその由来です。

陶器の縁起物人形・招き猫・大 陶器の縁起物人形・招き猫・小
◆清楚な招き猫(大) 5,400円
高17cm 横9cm 奥11cm
左手を挙げている猫はお客様を招き、人気運がアップします。

陶器の縁起物人形・招き猫(大) 陶器の縁起物人形・招き猫(大)

「福」「Happy」という字は象嵌です。色土を埋め込んでいます。
カートのページへ・外部サイト

◆清楚な招き猫(小) 3,240円
高12cm 横9cm 奥7cm
右手を挙げている猫は金運・財運をアップします。

陶器の縁起物人形・招き猫(小) 陶器の縁起物人形・招き猫(小)

カートのページへ・外部サイト
価格は税込みです。

次は 恵比寿と由来 です。

招き猫の由来

招き猫の由来には、二つの説があります。

豪徳寺説(ごうとくじせつ)

東京都世田谷区の豪徳寺が招き猫の発祥の地とする説があります。

江戸時代に 彦根藩第二代藩主・井伊直孝(いいなおたか)が鷹狩りの帰りに豪徳寺の前を通りかりました。
そのときこの寺の和尚の飼い猫が門前で手招きするような仕草をしていたため寺にたちより休憩しました。
すると雷雨が降りはじめました。雨に降られずにすんだことを喜んだ殿様は、後日荒れていた豪徳寺を建て直すために多額の寄進をし、豪徳寺は盛 り返したといいます。

和尚はこの猫が死ぬと墓を建てて弔いました。後世に境内に招猫堂がたてられ、猫が片手をあげている姿をかたどった招福猫児(まねぎねこ)がつくられるようになりました。
ちなみに、この縁で豪徳寺は井伊家の菩提寺となったといわれます。幕末に桜田門外の変で暗殺された井伊直弼(いいなおすけ)の墓も豪徳寺にあります。

自性院説(じせいんせつ)

東京都新宿区の自性院が招き猫の発祥の地とする説があますが、この説にも2種類あります。

①ひとつは、江古田ケ原の戦い(1476年~1478年ごろ)で、劣勢に立たされ道に迷った大田道灌(おおたどうかん)の前に猫が現れて手招きをし、自性院に案内しました。
これをきっかけに盛り返すことに成功した大田道灌は、この猫の地蔵尊を奉納したことから、猫地蔵を経由して招き猫が成立したというものです。
大田道灌(おおたどうかん)・・・鎌倉時代の名武将です。江戸城を造った人。

②もうひとつは、江戸時代中期に、豪商が子供をなくし、その冥福を祈るために猫地蔵を自性院に奉納したことが起源であるとするものです。
他にも、東京都豊島区の西方寺起源説、民間信仰説などいくつもの説があり、いずれが正しかは判然としません。

カートのページへ・外部サイト
価格は税込みです。

次は 恵比寿と由来 です。