天下泰平を祈る「翁」とその由来です。

翁 7,560円
高14cm 横10cm 奥7cm

陶器の縁起物人形「翁(おきな)」

翁の崇高な舞は、天下泰平・国家安穏(あんおん・無事)・子孫繁栄の幸せを招きます。

陶器の縁起物人形「翁(おきな)」 陶器の縁起物人形「翁(おきな)」

ご注文はカートのページへ・外部サイト
価格は税込みです。

次は 天使の祝福 です。

翁の由来

お能の翁は「能にして、能にあらず」とも言われ、正月や特別の場合にしか上演されない演目です。
物語性はなく、ただ天下泰平、国土安穏(あんおん・無事)、五穀豊穣(ほうじょう) を祈る内容となっており、新春を寿ぐのに、 これほどふさわしい演目はないといえます。
寿ぐ:ことほぐ、祝いの言葉を述べて、幸運を祈る。

翁は能の中で発生がもっとも古く、平安時代末にすでに猿楽の中に あったといいます。
室町時代になると、田楽 曲舞(くせまい)などの要素もとり入れ、
観阿弥・世阿弥父子により能楽として大成されます。

猿楽:さるがく

軽業(かるわざ)・奇術や滑稽(こっけい)な物まねなどの演芸。奈良時代に唐から伝来した散楽(さんがく)を 母胎につくり出されたもの。
鎌倉時代頃からこれを職業とする者が各地の神社に属して祭礼などに興行し、一座を結んで一般庶民にも愛好された。

田楽:でんがく

平安中期頃から流行した芸能。
農耕行事に伴う歌舞から起こり、のちには専業の田楽法師が現れ、座も発生した。
本来、田楽踊(おど)りと散楽系の曲芸が主要芸であったが、
鎌倉末期より猿楽能も演じ、独自の田楽能を上演した。
室町後期には猿楽におされて衰退し、今日では民俗芸能中に残る。

曲舞:くせまい

南北朝・室町時代に盛行した白拍子系(しらびょうし、しゃくで拍子を取る)芸能。
少年や女性が立烏帽子(たてえぼし)・水干(すいかん)・大口の男装をし、男は水干の代わりに直垂(ひたたれ)で舞った。
鼓を伴奏とする拍子が主体の謡と、扇を手にした簡単な所作の舞で、
観阿弥は猿楽に取り入れ、現在、曲(くせ)として、その面影が能に残る。
後期は幸若舞がその主流となった。
源義経の妾の静御前も白拍子でした。
又牛若丸時代に五条の橋の上で弁慶と戦った時、牛若丸は女装(白拍子の姿)していた話は有名です。

式三番

翁は三つの舞から成っていて、それぞれ違う役者が演じます。
別名「式三番」とも呼ばれています。
 ①「千歳之舞」せんざいのまい、 翁の露払い役 、春日明神
 ②「翁之舞」天照大神、
 ③「三番三」さんばそう、「揉之段」「鈴之段」を披露する、住吉明神
   三番叟とも書く

面そのものが神体とみなされ役者は舞 台でそれぞれ①父尉(ちちのじょう)、
②白色尉(はくしきじょう)または肉色尉(にくしきじょう)、③黒色尉(こくしきじょう)の面をつけます。
老体の神が祝福をもたらすという民俗信仰に関係し、子孫繁栄、天下泰平、国土安穏、五穀豊 穣を祈ります。
現在の上演では千歳之舞を省略する形が一般的で翁は能役者、三番叟は狂言役者が演じます。

ご注文はカートのページへ・外部サイト
価格は税込みです。

次は 天使の祝福 です。