干支人形、亥

手びねり猪

スイス猪伝説

ポラントリュイ

スイス猪伝説の町から、博多陶遊窯と国際交流。

スイス猪伝説の町

わが家の猪たち、「いがみ様」と「疾走君」は記事の転載の許可をいただくために、遠くスイスへ冒険旅行に出かけました。
飛行機と汽車を乗り継ぎ、長旅を終え無事スイス、ポラントリュイ市にお住まいの小説家マルキ明子様宅に到着しました。
そして彼らは親善大使としての役目を果たすことが出来ました。
でちゃっかりと、写真まで撮ってもらっています。

写真に写っているお向かいの住宅をはじめ、回りの家々は100年の歴史があるそうです。
すばらしい風景ですね。
ポラントリュイ旧市街ではもっと古く、500年以上前の建物が並んでいるそうです。
スイスに行かれる時は、歴史のあるポラントリュイ市へも是非足を伸ばしてください。
明子さんはガイドとしても活躍されています。
(06.10/19更新)
マルキ明子さんから提供された情報、写真によるページ「スイス・ポラントリュイ風景」を別に作りました。 どうぞご覧下さい。「スイス・ポラントリュイ風景」

マルキ・明子さんが来訪されました。 2007年7月18日午後

マルキ・明子さんと私

明子さんと私です。

明子さんの著書

明子さんの3冊の著書です。(新風舎)

明子さんの著書 明子さんの著書
明子さんの著書 明子さんの著書
明子さん宅の手びねりの猪

手びねりの猪は、今回、お持ち帰りいただきました。

明子さん宅の手びねりの逆三猿

明子さん宅の逆三猿、ご購入いただきました。
折り紙はお嬢さんの手になるものでしょうか。

Salut!ハイジの国から【第17話】ポラントリュイだより:イノシシ伝説

元になったページはこちらです。【第17話】ポラントリュイだより:イノシシ伝説

市庁舎前のイノシシ像

市庁舎前のイノシシ像
ポラントリュイ市の観光名所である。

ポラントリュイ市の旗

市庁舎の中にある
ポラントリュイ市の旗
こちらのイノシシは
恐ろしい三角目

キャラクター化されたイノシシ

2005年1月1日より施行された
税つきゴミ袋にも
キャラクター化されたイノシシ

ポラントリュイの古都に翻る旗の中に、銀地に恐ろしげな目の黒いイノシシが記されたものがある。また、観光局などで手に入る、町に関するパンフレットなどを見れば、 こちらは可愛らしく漫画化されたいのししが印刷されている。この「イノシシ」こそ、ポラントリュイ市の紋章である。

古来より現在に至るまで、この地方の森林にはイノシシ、鹿、キツネ、野ウサギなど、 狩人にとっては獲物となる動物が生息している。(★ 現在、狩は、季節や曜日、射止めて良い頭数など厳密に指定されている。 例えば、イノシシの冬狩りは12月1日から一ヶ月間のみ、 10月に狩ることができる野ウサギは狩人一人一匹、 二日間に限定と法で決まっており、破れば罰金や罰則が待っている)イノシシは住民にとって身近に存在する動物ゆえに、 市の紋章に選ばれたともいえる。
また、別説では、勇敢さ、勇気の象徴であるイノシシは、しばしば領主旗にも描かれていたゆえ、そこから引用されたという。 このように紋章の由来には様々な説があり、定かではない。
非常に叙情的な物語で綴られる説を御紹介する。

「昔々、ある日、巨大なイノシシが、しっぽをピンと立て、大口を開け、全速力で駆けてきた。 この生き物は、10ピエ(当時の計量単位、1ピエ=約32,4cm)もある城壁を、何でもない囲いのように飛び越え、町に侵入した。 町の住民は恐怖におののき大騒ぎとなったら、勇気ある一人が窓から斧を投げつけた。イノシシは、市庁舎の階段付近で絶命した」
この出来事は、その後、町の議会で取り上げられ、《町を囲む城壁の一部が敵の攻撃に対して十分な高さではない》と判断され、 より城壁を高く、強化するきっかけとなった。
さらに伝説は語る。
「このイノシシは、疑いなく、町の守護《能天使》(=天使9階級の中で下から4番目)の使いである。 議会は、今後、イノシシを町の紋章する決定を下した。こうして、旗は銀地に黒イノシシ、全ての書類への公印は、 善霊が化身した、《毛むくじゃらで、飛び跳ね、唸る》イノシシとなった」

もう一つの伝説である。
「昔々、ジュラの森林は獲物の宝庫であった。狩は、バーゼル司教の楽しみの一つであり、それに一日を費やした。 ある日、司教一行は素晴らしいイノシシを追い込み、追跡した。 そのイノシシはローフォン(Laufon=現在バーゼルラント州の町の一つで、BaselとDelemontの中間辺りに位置する)に逃げ、 町を横切り、それからドレモンに入った。ここで、門を勢いよく落とし、傷つけたにもかかわらず、イノシシは止まらなかった。 イノシシは血を流しながらポラントリュイに突進し、市中に入った。 有産階級の人々は門を閉ざしてようやくイノシシを捕獲し、殺した。

同日、バーゼル司教はこの三都市の紋章を定めた。
ローフォンは、イノシシの色、すなわち黒地に白い司教杖。ドレモンは、イノシシが流した血の色、すなわち赤地に白い司教杖。 そしてポラントリュイは、銀地に黒いイノシシ」

ローフォン市の紋章

ローフォン市の紋章

ドレモン市の紋章

ドレモン市の紋章

(参考文献) ジュラ州ポラントリュイ市観光局サイトよりhttp://www.porrentruy.ch/ 「Images de vieux porrentruy」Roger Ballmer著・Democrate Sa  
〈写真引用〉 バーゼルラント州公式サイトよりローフォン市のページより
http://www.delemont.ch/

マルキ明子氏がご活躍のサイトの紹介

上の記事は「六稜ワールドアイ」に掲載されている多くの記事の中の一文です。

「マルキ明子公式ホームページ」(ジュラ州初!マルキ明子邦訳・監修、観光パンフレット日本語版のお知らせ)
「日記」"Journal de porrentruy"
「六稜ワールドアイ」大阪府立北野高校同窓会六稜WEB連載(毎月23日更新)

編集長が来訪されました

ワールドアイ編集長矢野圭子氏 ワールドアイ編集長矢野圭子氏

◆2006年10月16日「六稜ワールドアイ」編集長の矢野圭子さんが取材のため来訪されました。遠い所お疲れ様でした。
「六稜」とは大阪府立北野高校の同窓会組織ですが、これだけ活発に組織運営やサイト運営をしている同窓会はあるでしょうか。
彼女は別に仕事をもちながら、ボランティアで編集長の任務をこなしています。
ちなみに、私の卒業高校を検索してみたら同窓会直営のサイトはありませんでした。
(06.10/18)

次は 「スイス・ポラントリュイ風景」 です。