干支人形、亥

手びねり猪

スイス猪伝説

ポラントリュイ

スイス・ポラントリュイ風景、博多陶遊窯と国際交流

日本語版のスイス地図

◆ポラントリュイ市はジュラ(JURA)地方にあります。北緯47度あたりです。
北海道の宗谷岬は北緯45.5度あたりでジュラ地方より南です。明子さんの情報によりますとポラントリュイ市は年間通じて殆ど雪は降らないそうです。なぜ~?日本人にとってスイスはさぶーい国と言う印象がありますが違うんですね。(06.11/23)

◆スイスと言えば「アルプスの少女ハイジ」ですね。
アニメのテレビ番組でも有名ですが、いつでしたか確か小学校時代に実写版の映画「アルプスの少女ハイジ」を観たことがあります。
ハイジとペーターの素朴な生活、クララと一緒に都会に連れて行かれたハイジの苦悩、最後にアルプスの草原で思わず歩く事の出来たクララの感動、スイスの風景に憧れたものでした。(06.11/3)

サンマルタン

ボンフォル村の陶芸店

ポラントリュイ近郊のBonfol(ボンフォル)村は、昔からの陶芸の産地だそうです。
写真はポラントリュイで毎年11月に開催される「サンマルタン」と言う祭りの時のものです。ボンフォル村がポラントリュイの旧市街に陶器の屋台店を出しています。
「サンマルタン」は豚料理を盛大に食べるお祭りで、住民の皆さんの大きな楽しみの一つだそうです。豚の丸焼きもあるんでしょうね。
祭りの時は市が立ち、写真のような出店が多く出現するそうです。
豚の仮装コンテストを催したら盛り上がるかも知れませんね。
豚が仮装してもいいし、人が豚の顔をして仮装しても良いでしょう。両方もありかな。
写真はマルキ明子さんより送っていただきました。
「ボンフォル陶器博物館のページ」
こういう施設を持っているボンフォル村は文化の程度が高いですね。(06.10/17)

ポラントリュイ市庁舎

ポラントリュイ市庁舎 ポラントリュイ市庁舎

ポラントリュイ市内旧市街中心にある、市庁舎の正面玄関のドアの猪型取っ手です。
ページ「スイス猪伝説の町から」上方の猪像の後ろに見えるアーチ型の門が多分この入り口でしょう。左が銀、右が金色になっています。
日本の役所は、建物をやたらと近代化したがりますが、こんな風情のある役所も良い物ですね。
このように、町の至る所に猪のモチーフがあるそうですが、ディズニーランドの「ミッキーマウスを探せ」のように「ポラントリュイの猪を探せ」ゲームを開催したら面白いかもしれませんね。
(06.10/18)

お城のある風景

ポラントリュイ城

明子さんが住んでいるマンションの上階のお部屋から撮った風景だそうです。
木々を通してポラントリュイ城を望む事が出来ます。
まるでおとぎの国のような景色です。
今にもミッキーマウスや七人の小人が出てきそうですね。
ちゃっかりと猪君たちも出演しています。
(06.10/22)

陶芸の里「ボンフォル村」便り

◆明子さんのブログより内容を抜粋して掲載しています。
明子さんのブログはこちらです。「スイス在住小説家・マルキ明子の素顔]
レッツスイス(有)の方とボンフォル村を旅された時の事が書かれています。
スイス旅行を考えている方は「レッツスイス(有)」のサイトをご覧下さい。
かなり有益な情報が掲載されています。

陶芸の里「ボンフォル村」

フェリシタス・ホルツガングさん。

陶芸の里「ボンフォル村」

白い小鳥が並んでいます。

陶芸の里「ボンフォル村」

黒い鳥はからすでしょうか。

陶芸の里「ボンフォル村」

スイスの生活用陶器です。

◆ボンフォルは、フランス国境に接するする人口500人足らずの村です。500人とは本当に小さいですね。
近代化されるまでは、土鍋用の土に恵まれていたので、スイス中の土鍋を一手に引き受けていたほど陶芸が栄えていました。
後には瓦製造も盛んになりました。
ただ、近代化が進むと土鍋は金属鍋に代わり、瓦はオートメーションで製造されるようになり、ボンフォル村の陶芸は徐々に衰退していきました。
現在は陶芸家のフェリシタス・ホルツガングさんが懸命に伝統を守って作陶を続けているそうです。詳しくは「スイス在住小説家・マルキ明子の素顔]をご覧下さい。
(06.11/2)
◆明子さん執筆のページ
Salut! ハイジの国から【第37話】 ポラントリュイだより
陶器の村、ボンフォル(Bonfol)《その1》

にボンフォルの陶芸に関しての記事と共に、私のこと、猪君たちのことが掲載されています。
是非、ご覧下さい。

くつろぐ猪君たち

明子さんの部屋にすっかり
溶け込んでしまった
猪君たちです。

陶芸の里「ボンフォル村」

「水を吐くカエルと飲むカエル」
写真は、フェリシタスさんのユーモア溢れる作品です。ジュラは各村にあだ名がついているそうで、
ボンフォル村は「ヒキガエル」と言うあだ名だそうです。面白い習慣ですね。(06.11/24)

次は 干支人形、子 です。