申と三猿

三猿の由来

手びねり三猿

三猿の由来です。

庚申講

庚申講(こうしんこう)は道教の伝説に基づくものです。
庚申(こうしん、かのえさる)につきましては、干支の由来と干支の性格をご覧下さい。
「庚申講」とは「かのえさるの日」の行事を指します。
その中心的なものは、「守庚申(しゅこうしん)」と言いまして、夜は眠らずに過ごすというものです。

庚申は干支の57番目で、年では60年に一度、日では60日に一度巡ってきます。としますと、庚申講は60日に一度行われると言う事ですね。

人間の身体の中には「三尸虫(さんしちゅう)」という虫がいまして、この虫が庚申の日の夜に、そのご主人の睡眠中に、こっそり脱出して天に上り、天帝にご主人の犯した罪を告げ口するすそうな。
天帝はそれを聴いて、その罪の軽重によって人を裁いて、その寿命を定めるとさ。

このような信仰から、その夜は酒盛りなどしながら、寝ないで三尸虫(さんしちゅう)が身体から脱出するのを未然に防ぎ、 天帝に罪を告げられないようにします。それは結局、延命招福を願うという事でしょう。

三猿

庚申が「かのえさる日」に行われることで、三尸を三猿に置き換えて「見ざる、言わざる、聞かざる」が出来たのでしょう。
特に天帝に告げ口をさせない、と言う事で口を塞ぐ「言わ猿」が中央にいます。

いろいろな三猿

中国ではこんにちでも、妊娠中の女性は胎教の観点から「目は悪色を視ず、耳は淫声を聴かず、口は敖言を出さず」という戒めのいみがあるようです。
朝鮮半島においても、結婚前の女性は「見ても見ぬふり、聞いても聞こえないふりをして、言いたくても言うな」と教育されるそうです。
インドのマハトマ・ガンディーは常に三匹の猿の像を身につけて「悪を見るな、悪を聞くな、悪を言うな」と教えたとされており、教科書などに「ガンディーの3猿」が掲載されています。
またアメリカ合衆国では教会の日曜学校などで、三猿を用いて、猥褻なものを見たり、性的な噂を聴いたり、嘘や卑猥なことを言わないよう諭すことがあるそうです。
ヨーロッパでは三猿は、厄除けをしてくれることから、三賢猿 と呼ばれてるそうです。
また、ある地域では、股間を押さえた猿が加わって、四猿になっている所もあるようです。
それは、次の論語からの由来を読むと、納得します。

論語からの由来

「見ざる、言わざる、聞かざる」は論語からの由来と言う説もあります。

顔淵(がんえん)、仁(じん)を問(と)う。

子(し)日(のたま)わく、己(おのれ)に克(か)ちて礼(れい)に復(かえ)るを仁と為(な)す。
一日(いちじつ)己に克ちて礼に復れば、天下(てんか)仁に帰(き)す。
仁を為すは己に由(よ)る。而(しこう)して人(ひと)に由らんや。
顔淵日(いわ)く、請 (こ)う、其(そ)の目(もく)を問わん。
子日わく、
礼に非(あら)ざれば視(み)ること勿(なか)れ、礼に非ざれば聴(き)くこと勿れ、礼に非ざれば言 (い)うこと勿れ、礼に非ざれば動(うご)くこと勿れ。

顔淵日く、回(かい)、不敏(ふびん)なりと雖(いえど)も、請う、斯(こ)の語(ご)を事(こと)とせん。

顔淵が仁とはどういう事ですか、と孔子に聞きました。

孔子は、「私心に打ち克って、真(まこと)の道(礼)に立ち返ることが仁というものである。
上に立つ者がもし一日でも私心に打ち克って真の道に立ち返るなら、
天下の万民はこれを見習って仁に回帰するところとなるだろう。
仁を実践するかどうかは本人の自覚に由るのであって、他人の力でどうこう出来るものではない」と答えた。
顔淵は「どうか実践の項目を教えて下さい」と言いました。
孔子は
「礼節にそむくことに注目してはいけません、礼節にそむくことに耳を傾けてはいけません、礼節にそむくことを言ってはいけません、礼節にそむくことを行なってはいけません」と答えました。
顔淵は、「私に出来るかどうか自信はありませんが、先生のお言葉を終生の自戒としたいと思います」と言いました。

難しい
このように、孔子は四つの戒めを言っています。
「見るな、聞くな、言うな、するな」ですね。この「するな」をエッチ系に持っていって加えたのが、四猿になったのでしょう。
この問答では「仁」と「礼」が取り上げられていますが、現代の凡人には大変難しいです。
「仁を持って礼をなす」
「人を正しく愛する気持ちを持って、礼節を実行してください。」でしょうか。

たかが三猿

たかが三猿と思って書き出したこのページ、論語まで行き着いてしまいました。
昔からの言い伝えなど、なかなか奥深いものがあります。
そういえば、三蔵法師も三人のお供を連れています。でも、三蔵法師を入れると四人です。三と四に何か意味があるのでしょうか。

次は 手びねり三猿 です。