干支の由来と干支の性格。

このページの内容です。
説話的由来
正式な由来
干支で性格がわかります

説話的由来

昔々の大昔のある年の暮れのこと、神様が動物たちにお触れを出したそうな。
「元日の朝、新年の挨拶に出かけて来い。一番早く来た者から十二番目の者までは、順にそれぞれ一年の間、動物の大将にしてやろう」
動物たちは、おらが一番とて、めいめいが気張って元日が来るのを待っておった。

ところが猫は神様のところにいつ行くのか忘れてしまったので、ねずみに訊くと、ねずみはわざと一日遅れの日を教えてやった。猫はねずみが言うのを真に受けて、喜んで帰っていったと。

さて元日になると、牛は「おらは歩くのが遅いだで、一足早く出かけるべ」とて夜のうちから支度をし、まだ暗いのに出発した。牛小屋の天井でこれを見てい たねずみは、ぽんと牛の背中に飛び乗った。 そんなこととは知らず、牛が神様の御殿に近付いてみると、まだ誰も来ていない。

我こそ一番と喜んで待つうちに門 が開いた。とたんに牛の背中からねずみが飛び降り、ちょろちょろっと走って一番になってしまった。それで牛は二番、それから虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、 鶏、犬、猪の順で着いた。

猫は一日遅れで行ったものだから番外で仲間に入れなかった。それでねずみを恨んで、今が今でもねずみを追い回すのだそうな。

次は 干支人形、子

 ページのトップへ

正式な由来

私たちは干支(えと、かんし)と言えば12の動物を思い出しますが、本当は十干(じっかん)十二支(じゅうにし)が組み合わさったもので十干十二支(じっかんじゅうにし)を略したものです。
それで、動物は12種類ですが、干支は60種類あるのです。

十干(じっかん)
殷(いん、中国の古代国家)では十個の太陽があり、それが毎日交代で上り、十日で一巡りすると考えられていて、それぞれの太陽につけられた名前と言われています。
この太陽が十日で一巡りする事を一旬と呼び上旬、中旬、下旬と言う呼び方もここから来ています。

1、 甲:音 こう   訓 きのえ(木の兄)
2、 乙:音 おつ  訓 きのと(木の弟)
3、 丙:音 へい  訓 ひのえ(火の兄)
4、 丁:音 てい  訓 ひのと(火の弟)
5、 戊:音 ぼ   訓 つちのえ(土の兄)
6、 己:音 き   訓 つちのと(土の弟)
7、 庚:音 こう   訓 かのえ(金の兄)
8、 辛:音 しん   訓 かのと(金の弟)
9、 壬:音 じん   訓 みずのえ(水の兄)
10、癸:音 き  訓 みずのと(水の弟)

このように、十干は「え(兄)」と「と(弟)」順番に並んでいますので、干支(かんし)を「えと」と呼ぶようになりました。

十二支
子(し、ね)丑(ちゅう、うし)寅(いん、とら)卯(ぼう、う)辰(しん、たつ)巳(し、み)午(ご、うま)未(び、ひつじ)申(しん、さる)酉(ゆう、とり)戌(じゅつ、いぬ)亥(がい、い)

干支
干支の順番は
1順目: 甲子、乙丑、丙寅・・・乙亥
2順目: 丙子、丁丑、戊寅・・・丁亥
3順目: 戊子、己丑、庚寅・・・己亥
4順目: 庚子、辛丑、壬寅・・・辛亥
5順目: 壬子、癸丑、甲寅・・・癸亥
6順目: 甲子、乙丑、丙寅・・・乙亥
このように、5周(60年)でまた元に戻ります。
甲子園は甲子(こうし、きのえのね)の年に作られたので、このように名前が付けられました。戊辰戦争もそうですね。

次は 干支人形、子

ページのトップへ

あなたの干支で性格がわかります。

子(ね)・・・明るく楽観的で直観力にすぐれています。ただ、情に左右されやすいのが欠点です。

丑(うし)・・・スローペースでゆっくり着実に進んでいく努力家タイプです。本能的な生命力を持ち、困難にも立ち向かうパワーがあります。

寅(とら)・・・冷静な判断力を持ち、信念を持って力強くがんばっていくタイプです。自分の力が発揮できるまで、チャンスをじっと待ちます。

卯(う)・・・人当たりが良く、誰とでもうまくやっていけます。インスピレーションが冴え、行動力もありますが、決断力に欠ける傾向もあります。

辰(たつ)・・・強靭な生命力と持久力の持ち主です。負けず嫌いで、そのためなら努力を惜しみません。自己主張が強くリーダー的タイプです。

巳(み)・・・理解力があり、辛抱強い性格です。巳年の人は、お金に恵まれるとも言われ、ビジネスなどで成功する人もいます。

午(うま)・・・開放的で束縛を嫌います。家向きで、独創的な発想の持ち主です。どんどん突き進んでいく積極的タイプです。

未(ひつじ)・・・一見、おとなしそうに見えますが、芯が強くて頑固な性格です。周囲の状況を見ながら、きちんと計画を立てて行動します。

申(さる)・・・明朗活発でおしゃべり好きです。何事も器用にこなしますが、そそっかしさから、失敗することもあります。

酉(とり)・・・面倒見がよく世話好きです。好奇心旺盛で活動的。いつも忙しそうにしています。

戌(いぬ)・・・ずるいことや嘘を嫌う誠実な性格です。信頼関係を重んじ、人との絆を大事にします。着実にステップアップしていくタイプです。

亥(い)・・・おおらかな性格です。思い立ったら、何が何でもやり通すがんばりや。ただ、おおざっぱな性格が失敗につながることもあります。

次は 干支人形、子