日本で一番重力を無視した陶オブジェ

空飛ぶクジラ 54,000円
高14 横31cm 奥18cm
◆インテックス大阪の陶磁器フェアに出展している時でした。キリスト教系の大学の先生である彼女は私と同じくらいの年齢でした。「去年亡くなった父が海が好きで・・・」と購入されました。ありがとうございました。

空飛ぶクジラ

空に浮かんで、まるで雲のようにゆっくりと移動しています。 一体どこへ向かって、飛んでいるのでしょうか?

空飛ぶクジラ 空飛ぶクジラ

◆市内電車がトコトコと走っている昭和30年代、満員の乗客の一部が空を指して何か叫んでいます。
「何だあれは?」 「ヘリコプターか?」 「いや飛行機か?」 一斉に「鯨だ!!」

ご注文フォーム  価格は税込みです。

次は ゴジラの幼虫 です。

ハート・オブ・クジラ

(小学2年:S31年、1956年)日本が国際連合に加盟する。
巨大なクジラを田舎の公園に見に行ったのは小学2年の夏だったような。いろ白の正子ちゃんは白い半袖のブラウス。鼻たれ二人、女子二人の集団デート。正子ちゃんの家は青いペンキの木造2階建ての病院、背の高い目がクリクリ女子。
鼻たれは二人とも貧乏。もう一人の女子は映画館の娘でこれまたお金持ち。絵に描いたようなバランスの取れない集団。私は50円硬貨を握りしめて友人と公園へ。そこで女子と待ち合わせ。

それから数カ月後、映画館の娘が私に正子ちゃんの見舞いに行こうかと誘う。どうやら盲腸の手術をして、自分の病院に入院しているらしい。私はお見舞いという文化を知らなかったのでキョトン。
まだ傷口が安定していないので笑わしてはいけない、おならが出たら術後の安心して良い、という情報が映画館の娘からもたらされる。
お見舞いだから何か品を持って行ったはずだが、多分、映画館の娘が手はずを整えていて。正子ちゃんはベッドに白い顔をして、元気そうに座っていた。気持ちの良い秋の光が窓から射し込んでいた。
たわいない話の後、正子ちゃんに訊いた「おならは出たと?」正子ちゃんはたまらないという顔で、お腹を抑えて「くっくっ」と苦しそうに笑い出した。映画館の娘が血相を変えて私を部屋から引きずり出して「笑わしたらイカンて言うたろがー」とボコボコにされた。
2年後、今度は映画館の娘が同じ盲腸で木造の病室に入院。正子ちゃんとともにお見舞い。花柄がいっぱいのパジャマを着た映画館の娘の丸いからだがいつもより細く見えたのは目の錯覚。私は最新の注意をはらって喋らないようにしていた。

田舎の公園で無事落ち合った4人は、側の見世物小屋へ、魚の腐ったような匂いが漂ってくる。無口のまま、思い切って小屋の中へ。剥製のシロナガスクジラがググッと展示されていた。10メートル?とにかく巨大だが軽そうなクジラだった。しわしわの和紙を貼って作った?半分は騙されたような気分。その後の人生で、私はクジラの剥製にお目にかかったことはないが。貴重な経験?その時の4人は変にぎこちなく、無口だった。

何年後だろう、40年?私の個展会場に映画館の娘が来てくれました。和服姿の恰幅の良い立派な奥様になって。チャコちゃんありがとうございます。