そして彼女は消えた「ミスタームーン」です。

ミスタームーン 10,800円
高19cm 横11cm 奥9cm

ミスター・ムーン ミスター・ムーン

スポットライトの中の彼は 最後の舞台で 万雷の拍手を受けています。
「皆さん、今まで有り難う」

ミスター・ムーン ミスター・ムーン

お客様の声:「ご友人へのプレゼント」

ご注文フォーム  価格は税込みです。

次は 思い出 です。

◆ピエロといえばサーカスです。昔のサーカス、小屋の入り口のところでピエロがジンタ(美しき天然)をトランペットで吹いて客集めをしていました。

ハート・オブ・サーカス

(小学5年:S35年、1960年)全学連主流派が国会構内に突入(樺美智子死亡)
晴れの日は暑さにうんざりする5月の月曜日,細い転校生はひらりと侵入、1周間だけの5年生のクラスメイトはサーカス団員の娘。休み時間、彼女は一人寂しそうに本を読んでいた。白いブラウスの大人びた子であった。好奇心旺盛な私は親友と積極的に話しかけることにした。「どっから来たと?」
二日目からはすっかり打ち解けて親しく過ごす。土曜日は最後の登校日、彼女は、自分のサーカスを見に来るように私たちを誘った。招待券をもらったのか、お金を払って行ったのか忘れてしまった。
とにかく私たちは日曜日の午前中、公園の薄暗い大きなテントに侵入した。
前後の演目は全く忘れている。プログラムの後半、彼女と同じくらいの歳の綺麗に化粧し白い衣装の娘が出てきた。
今から綱渡りをすると言う紹介だ。私は友人とお互いに首をひねりながら「あの子かな?」と困惑していた。舞妓さんみたいに化粧をしているので判別ができないでいた。突然その子は、前に進み出てお辞儀をしながら、前の方に座っていた私たちに小さく手を降った。異次元との初めての「へー、やっぱり!」「あの子か、わからんねー」「きれいやねー」
口をあんぐり開けて、傘を片手に綱を渡る彼女を見上げていた。
拍手を受けながらお辞儀をする時、彼女は再び私たちに小さく手を振った。小学生のプロの技に感動していた。
次の日の月曜日、彼女の姿は椅子の上から消えていた。ちょっぴり酸っぱい気持ちだった。
彼女は私と同学年、その後の人生は?余計なお世話だ。定住した?