日本で初めて中国映画を題材にした陶人形

思い出 2,160円
高12cm 横7cm 奥5cm
◆貧乏な少年は悔し涙を上を向いて我慢しています。

陶器の人形・思い出

♪上を向いて 歩こう 涙が こぼれないように♪
膝には継ぎがあたっています。(昭和の香り)

陶器の人形・思い出 陶器の人形・思い出

西武池袋店での個展中
「弟にそっくりなんです」と北海道から東京に出てきている若い彼女は、少し寂しそうに疲れたように言いました。私はこの「思い出」を彼女に手渡し、別れ際思わず言ってしまいました。「早く北海道に帰りなさい」
ありがとうございました。彼女はその後どうしてるでしょう?

ご注文フォーム  価格は税込みです。

次は 少 女 です。

作るきっかけは中国映画

この原型を作ったのは、おそらく1993年頃です。
教育テレビで中国映画を見たのがきっかけでした。

日曜日の夕方だったでしょう、家には私一人で、寝そべってテレビのリモコンをぱちぱち押して「面白か番組、いっちょん、ありようらんねー」と、ぶつぶつ言ってました。
普段、教育テレビはほとんど見ませんが、偶然、チャンネルが合ってしまいました。そうすると、地味ーなドラマをやっていました。

他に、面白い番組が無かったので、時々、チャンネルを変えたりしながら、仕方なく、その農村ドラマを見ていました。
で、終わる頃には、涙を流していました。次に、その映画のおぼろげなあらすじを書きます。
このあらすじを読んで、私の年代以上の方の中には、あるものを「ピーン」と、思いつくかも知れませんね。
キーワードは、俳優の「長門裕之」少年です。

映画のあらすじ

前半は真面目に見ていなかったので、詳細は分かりません。場所は中国のある小さな農村です。
主な登場人物は、10才くらいの小学生の男の子二人と、その女先生です。
小学生の一人は、大地主の息子で名前を「ドラ」、もう一人は貧乏な小作農の息子で「ビン」、女先生は情熱的な若い先生で「りょう」としましょう。
時代背景は、戦前の日本みたいなもの、と言っても分かりづらいでしょうね。

農村に、一人の大地主がいて、町長など、ほとんどの権力を一人で握っていて、周りの役人や小作人はいつもぺこぺこしている、と言う状態です。
ドラはいつも威張っていて、子分を引き連れて、肩で風を切って歩いています。ビンは、極貧でしたが頭は良かったので、ドラのいじめの対象になっていました。
りょう先生は、田舎の封建的な考えに反発していました。そして、何かとビンの面倒を見ています。だから、余計にドラはビンが気に入りません。

春のある日、学校に「全国小学生絵画コンクール」募集の知らせが来ます。
ドラの親のドンは、無条件に自分の息子の絵を中央に送ることを、りょう先生に迫ります。

ドラの絵は、上手く描けていましたが、平凡です。それに比べて、ビンの絵は非凡で感動的だと、りょう先生は評価していて、ドンに、色好い返事をしません。
校長まで巻き込んだ、圧力がりょう先生を襲います。
封建的な大人の圧力と、良心的なりょう先生との葛藤が繰り広げられます。

りょう先生は、職を掛けてビンを守ろうとします。しかし、圧力はビンの家庭まで押し寄せていきます。
ビンの幸せを思い、りょう先生は渋々、ドラの絵を送ることを承知し、梱包しました。
でも、どうしても納得のいかないりょう先生は、こっそり絵を入れ替えて、ビンの絵を中央に送りました。

そして、彼女は学校を去りました。再び、りょう先生とビンの平凡な生活が始まるかと。

その年の夏の暑い日、黒塗りの高級車が2台、突然、村にやってきて、役場の前に止まりました。
ビンの妹が慌てて家に駆け込んで来て、母親に告げます。
ビンが川で溺れた、と。母親は血相を変えて、走り出します。 川から引き上げられた、ビンの死体が白い砂利の上に横たえられていました。
ドンは、ビンの絵が全国で一等賞になった、と報告に来た中央役人の前で、ぺこぺこしています。
校長も、いかに自分の学校の教育がすばらしいか、もみ手をしながら述べています。
ビンの白い遺体を抱きかかえ母親は、途方に暮れて天を仰いでしまいました。
この時の挿入歌がとっても良かったのです。で、涙がボロボロとなりました。お終い

【あとがき】

中国映画を見終わって「あっ、そっくりじゃん」と思いました。
私が小学生の時見た「に兄ちゃん」(にあんちゃん)という映画です。
俳優の長門裕之氏が10才くらいで主演をしていました。
舞台は、佐賀県伊万里市近くの炭坑町だとは、後で知りました。
若い人は知らないでしょうね。

ご注文フォーム  価格は税込みです。

次は 少 女 です。